マンションの売却時にかかる税金など

不動産を売った時には税金など様々なお金がかかります

自分のマンションなどを売りに出して、買主が現れた時に売却に施行できたときに喜びはほかの者には代えがたいものです。不動産を売却した時には多額のお金が入ってきます。
しかしここで注意してほしいのは飼い主から支払ってもらったお金がすべて自分のものになるわけではないということです。不動産を売った時には税金など様々なお金がかかります。では具体的にはどのようなお金がかかってくるのでしょうか。

一つ目は家を購入するときにも必要な経費ですが、契約書など各書類には印紙代が必要になります。印紙代は物件の金額によって変わってきますが1000万円から5000万円の物件に関しては15000円必要です。
二つ目は仲介手数料です。物件を実際に売却するために動いてくれたのは不動産会社ですからその不動産会社にお礼としてこの仲介手数料を支払う必要があります。仲介手数料は上限があって売れた金額の3.15パーセントに65000円を上乗せした金額が上限となっています。この範囲内であれば不動産会社は自由に金額を設定できるのです。
3つ目は売渡の際には司法書士に各種手続きを代行してもらうことが大半になります。この司法書士に支払う費用地域にもよりますが2000円から300000円必要です。
4つ目は住宅ローンの残積で、住宅ローンが残っていた場合はその残額を一括で支払うこととなります。

物件が売れるまでに支払う必要があるのは印紙代のみ

これら4つをいつ支払う必要があるのか気になる人もいるかもしれませんが、物件が売れるまでに支払う必要があるのは印紙代のみです。中には仲介手数料を半分支払う必要がある場合もありますが、飼い主から受け取った手付金から支払えばよいですし、もし手付金が少なければ手続きが終わってお金が入ってから支払いますと告げればよいのです。つまり、印紙代さえ用意できれば不動産を売ることは可能だといえます。

そして、それ以外にも不動産を売った場合には所得税と住民税が必要になるのですが、これらは物件が買った時よりも高く売れた場合、つまり売って利益が出た場合にのみ発生する費用です。バブル経済の時代ではよく起こっていたケースですが、昨今の不動産事情を考えればめったにないケースなので、あまり考えなくてもよいでしょう。

また、実際に必要になった場合でも売れた時の金額が3000万円以内であった場合には控除が適用され、支払う必要はありません。そして、忘れてはいけないのが住居を移す時に必要な引っ越し代や家具や家電などの新調費用です。