自宅を売却する時の手順

自宅を売却する時には、複数の不動産会社に査定を依頼すること

住み慣れた自宅を売却する時には、複雑な気持ちになることでしょう。事情はそれぞれですが、買い替えのため、転勤か何かで引越しのためなどが考えられます。自分で売ったり買取業者に依頼したりすることも良いですが、急いでいない場合には不動産会社に依頼することが一般的だと考えられます。
まずは、どのくらいで売れるのかを知ることが重要です。査定は無料なので依頼してみましょう。この時に複数の不動産会社に依頼することをお勧めします。査定金額は不動産会社によって違ってきます。また、希望する金額がある時には相談することもできます。少しでも高く売るためには工夫や努力が必要です。地価の相場は決まっていますので、住宅の価値がどのくらいあるのかで金額が決まってきます。築年数、住宅の状態、庭や駐車場、近隣の状況などで変わります。

住宅は、きれいに掃除されて不要なものは処分しておきましょう。特にキッチン周りなどは重要です。もう既に引越しされて空き家の場合でも定期的に掃除をされることをお勧めします。遠くで難しい場合には、依頼した不動産会社にお願いすることもできます。

不動産会社に、宣伝、案内、申し込み、契約、引き渡しまでお任せ

査定金額に納得されたら売りに出します。広告やHP、不動産サイトなどあらゆる方法で不動産会社が宣伝します。するとその宣伝を拝見したお客様が見学、内覧をしにきます。この時も不動産会社が案内をしてくれます。近くにいる時には売主さんが案内をすることもできます。その住宅にするメリットや地域のメリットなどを告げると安心します。
1組で契約までいくこともあれば数組のお客様を案内することもあります。気に入ってくれたお客様は、契約の前に申し込みがあります。申し込みの段階ではまだ契約までするかどうかはわかりません。

特にローンを組まれるお客様は審査が必要です。銀行などの審査に通ると契約するなどの条件を付けられます。つまり審査に落ちると契約はしませんということになります。その前に不動産会社が見込みを確認されるので心配することはほとんどありません。中古物件の場合には、ローンが組めないこともあるので注意が必要です。現金で購入のお客様は問題ありません。

そして契約、引き渡しということになります。自宅を売却すると考えた時からの手順をまとめますと、査定をする、住宅や庭、駐車場などの掃除や手入れをする、見学者が来られる、申し込み、契約、引き渡しということになります。すべての工程は不動産会社に任せておくと安心です。